誰にも話せない恥ずかしい悩み!仮性包茎の上手な相談方法をご紹介

誰にも話せない恥ずかしい悩み!仮性包茎の上手な相談方法をご紹介 “男性でも子供の頃はあまり気になりませんが、青年期になると自分が仮性包茎であることを気にする人はいます。
仮性包茎は、日本人の6割程度と言われているため決して珍しいものではありません。
そして、真性包茎などに比べると手術をしなければならないわけではないため、そこまで気にする必要は無いはずです。

しかし、やはり仮性包茎でも気にする男性は少なからずいます。
この場合、誰かに相談をするケースもあるかもしれません。
例えば手術をした方が良いのかそれともしない方が良いのかといった相談が考えられます。
この時、恥ずかしい悩みをどのように相談したら良いか見て行きます。

大前提として知っておきたいこと

仮性包茎になっている場合、手術をするかどうか相談をしたいところですが、この場合まず大前提として知っておきたい事は恥ずかしいと言う気持ちを持つ必要は無いことです。
何より、日本人の6割程度は仮性包茎の状態になっています。
つまり男性の過半数は仮性包茎といえます。
仮性包茎と真性包茎を合わせると全体の7割程度となっており、包茎ではない人と戦をした場合仮性包茎の方が過半数で勝つ確率が高いです。
そうだとすれば、そもそも恥ずかしいと言う気持ちを持つ必要はないでしょう。

ただ中には、友達の数人が真性包茎でも仮性包茎でもない場合、やはり恥ずかしいと感じる者もいるかもしれません。
また、年頃になると性行為をする男性も多くなってきますが、女性に自分が仮性包茎であることがバレたくないと考える人もいるでしょう。

この点に関しては、意識をするべきことが1つありそれは女性はそれほど仮性包茎のことを気にしていないことです。
女性も自分自身の身体のことを気にしており、男性の陰茎に関してはそこまで注意がいかないはずです。
少なくとも仮性包茎である場合には、勃起した時に亀頭が完全に表面に出るため、そもそも仮性包茎なのかどうかわからないはずです。

それでもなお恥ずかしいと感じるなら

仮性包茎は多数存在しており、日本人の成人男性で多数決を取った場合には仮性包茎の人が多いことがわかればそれほど恥じる必要は無いわけです。
それだけでなく、性行為をする場合も問題なくできる上に勃起したときには完全に皮がむけているためまず女性は気にならないでしょう。

しかしそれでもなお恥ずかしいので人に相談したいと感じる場合は、どのような相手に相談をしたら良いのでしょうか。
まず人に知られたくない気持ちがあるはずですので、口が軽い人には相談をしないことです。
口が軽い人の特徴があるとすれば、とてもおしゃべりなことです。
相談をする前に他の人に口外しないでほしいなどと伝えたとしても、口が軽い人は思わず話してしまいます。
どのように話すかと言えば、堂々と誰かに話す人もいますが、「あまり他の人に伝えないでほしい」などと前提を伝えて人に話し始めます。

そうするともはや相談した意味がなくなってしまいます。
そこで、可能な限り口がかたそうな人を選ぶのが良いでしょう。
しかも、相談相手になるということは、相手からの意見も聞きたいはずです。
話を聞くけども何も答えてくれないような人や、参考意見にしてはならないような人は相談相手から省かなければいけません。

包茎手術をする場合の相談相手とは

仮性包茎手術をする場合、まず相談相手としては家族を選ぶ人もいるかもしれません。
確かに、未成年の場合には家族がお金を出してくれるため必ず伝えなければいけません。
中には、自分でアルバイトをして包茎手術のお金を貯めることに成功するかもしれませんが、やはり20歳未満の場合は親の同意が必要になります。
そうするとおのずと親にもばれてしまうためどこかのタイミングで伝えたほうが良いでしょう。

もちろん手術をすると決めたことを伝える以前に、そもそも手術をした方が良いのか相談をした方が良いです。
おそらく親もそのような相談を受けて困惑するかもしれませんが、出資者が親である以上は何も伝えないで手術をするのは避けなければいけません。

もし手術をすることに決めた場合には、病院の先生に相談をすることが必要です。
病院の先生は、仮性包茎の手術や真性包茎の手術を専門に行っているため、その話を告げた時驚く事はまずないでしょう。
それよりも、本当に手術が必要なのかそしてどのような方法で行うのかさらには費用がどれぐらいかかるのかなどの説明をしてくれます。

他人でありながら、1番たくさんの情報を持っているため、相談相手としては一番良い相手です。
そして、先生が拝金主義者などでなければ患者としっかりと向き合ってくれる可能性が高いです。

まとめ

仮性包茎の場合、人に相談をすることも必要ですが間違いなく相談相手を選ばなければいけません。
一番よくないのは口が軽い人です。
口が軽い人はその場で話さないと約束してもすぐに他の人に話をしてしまうが、少し時間が経過してから約束を忘れたかのように話をするでしょう。

もし他人に口を開く場合には口の堅い人を選ぶことが必要です。
その時にも、ある程度知識がある人を選ばなければ相談相手としてふさわしくありません。

後は未成年の場合は家族に話すことも必要で、その時手術をすることに決まったならば病院の先生ともよく相談をしてみましょう。