複数のクリニックで相談したい仮性包茎の悩み

包茎手術を強引に進めてくる所はさけよう

仮性包茎で悩んでいる人は多くいますが、同じ仮性包茎であっても人によってそれぞれ異なる症状の1つです。
真性包茎のように全く亀頭が露出しないというわけではなく、仮性包茎の場合は自分で包皮を剥く事が出来るという点が上げられます。
そのため仮性包茎だからといって直ぐに手術が必要かどうか、判断するのが自分では難しい場合もあります。
治療のためにクリニックなどを利用する際は、まずは手術ではなく相談した上でどうするかを判断してもらうという方法も有効的です。
クリニックによっては相談したところで結局は手術をした方がよいと、強引に進めてくるところも多くあります。
確かに仮性包茎の場合は包皮がかぶっている事が多いので、臭いや病気といったリスクが伴います。
ただし安易に手術だけを強引に進めるクリニックにするのではなく、複数のクリニックで相談した上でどうするかを決めるということも重要なポイントの1つです。

自分の症状や相談に親身になって対応してくれる所を探そう

仮性包茎の場合は包皮を自分で剥く事で、亀頭を露出する事が出来る状態になります。
包皮がかぶっている事が多いので、結果として様々なリスクが伴う症状とも得います。
そのためまずはクリニックを利用して手術をした方がよいかの判断だけでなく、他に対処法がないのかなども含めて相談する事がポイントです。
多くの仮性包茎の状態を見たうえで手術などの対応をしている先生であれば、安易に手術を進めるのではなく様々な対策や治療方法なども提案してもらう事が出来ます。
デリケートな悩みな上に手術をするにも抵抗を感じる人は多くいるので、親身になって患者さんの悩みに寄り添いつつ最善の方法を模索しながら相談にのってくれるクリニックを見つける事が大切です。
ただしいきなり良いクリニックを探す事は難しいので、複数のクリニックを利用して相談してみる事も必要です。
時間や手間などは掛かりますが、より自分の納得した上で治療をしてくれるクリニックを見つける事に繋がります。

まとめ

真性包茎のように勃起しても亀頭が全く露出しないというわけではないので、仮性包茎の場合は緊急性のある治療が必要という場合は少ないです。
ただしやはり仮性包茎の症状を持っている男性にとっては、本人にしかわかりえない様々な悩みを抱えている事が多くあります。
複数のクリニックに相談する事に抵抗を感じる人もいますが、やはり納得できるだけでなく安心して治療を任せる事ができるというのも大きな要素の1つです。
複数のクリニックで仮性包茎を相談する事で、よいクリニックにめぐり合え可能性を高めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。